新着情報

今回は曳家からちょっと外れて、サッカーW杯の雑談を。

 

6/15日  日本 対 コードジボワール が行われ 1-2 という残念な結果となりました。あれから一日経ちましたが、まだ立ち直れません・・・

 

やはりボールの失い方が悪かったです。あそこで失うとSBの上がりもできず、バックラインもどんどん下がり、間延びしてしまい攻守に人数がかけられません。

 

日本の生命線は運動量と組織的に人数を掛けるプレーです。気候にプレッシャーも重なり、運動量の少なさが気になりました。スペースに走るフリーランも少なく、三人目、四人目の動きが全く見られませんでした。

 

そのため、体格に勝るコートジボワールに対して優勢に運べるはずがありません。日本には、C・ロナウドやメッシは居ないのです。

 

 

また、選手たちが口々に言っていたことが、「自分たちのサッカーが出来なかった」でした。 負けるにしてもすべて出し切らないと、残るのは後悔だけです。

 

残り、二戦。もう吹っ切れるしかありません。失点を恐れず、バックラインを高く、どんどんオーバーラップをして攻めきるサッカーを期待しています。

 

理想は勝ち点6で決勝トーナメント進出ですが、それが叶わなくても全て出し切って、納得してもらいたいものです。

 

我々ファンもまだ諦めません!! がんばれ日本!!

2014/06/16